news

New items! Mesh bra & Mesh cami


雨の一日。少し肌寒いですね。仕舞ったはずのセーターを引っ張り出してきました。

Mesh braMesh camiを重ねて、メンズライクなニットと合わせると、かえってフェミニンさが際立つような気がします。

キャミソールの肩紐はブラと同じ金具付。
長さを調整することにより、Vネックの開き具合を調整して頂けます。
この写真では、ブラのメッシュ部分を見せるようにかなり深い開きにしています。

どちらもBlack, Gray, Beige3色、Mesh braS,MMesh camiS,M,L展開です。

開催中の展示会でご注文を承ります。

「犬と狼のあいだ」
entre le chien et le loup

2021512日(水)–18日(火)
12:00–18:00

unefig. studioにて
東京都台東区千束3-4-2
@unefig_japan
https://www.unefig.com

会期中はどなたさまもお越し頂けます。感染予防対策のため、予約をお願い致します。
前日までにウェブサイトのcontactからメールにて、もしくは、メッセージやLINE等へご希望の日時をご連絡ください。
当日でも、空いている時間帯はご案内出来ますので、直前にでもご一報頂けますと幸いです。


2021.5.13

展示会風景のご紹介


unefig. 3rd collection展示会、始まりました。


今回はスタジオのスペースで開催です。


コンセプトに合わせ、花道家の上野雄次さんに抽象的な森を表現して頂きました。


森のような香りはヒノキチップとドライセージで。


コレクションをご覧頂くだけでなく、空間全体をお楽しみ頂けたら嬉しいです。

「犬と狼のあいだ」
entre le chien et le loup

2021512日(水)–18日(火)
12:00–18:00

unefig. studioにて
東京都台東区千束3-4-2
@unefig_japan
https://www.unefig.com

会期中はどなたさまもお越し頂けます。感染予防対策のため、予約をお願い致します。
前日までにウェブサイトのcontactからメールにて、もしくは、メッセージやLINE等へご希望の日時をご連絡ください。
当日でも、空いている時間帯はご案内出来ますので、直前にでもご一報頂けますと幸いです。
皆さまとお会い出来ますこと、楽しみにしています。


2021.5.12

3rd collection展示会のお知らせ




entre le chien et le loup

2021512日(水)–18日(火)
12:00–18:00

unefig. studioにて
東京都台東区千束3-4-2

@unefig_japan
https://www.unefig.com

会期中はどなたさまもお越し頂けます。感染予防対策のため、予約をお願い致します。
前日までにウェブサイトのcontactからメールにて、もしくは、メッセージやLINE等へご希望の日時をご連絡ください。




「犬と狼のあいだ」
entre le chien et le loup

フランス語で黄昏時。犬か狼か見定めにくいくらいに暗くなりかけた頃、夜になる前の時間帯のこと。
この言葉との出会いは、レベッカ・ソルニット著『説教したがる男たち』の中、ヴァージニア・ウルフについての「彼女の名前の響きにすら、どこか野性的な趣がある。フランス人は黄昏どきを『犬と狼のあいだ—entre le chien et le loupと呼ぶが』という一節だった。続く文章は素晴らしく、ウルフの本質に深く触れながら、連想ゲームのように言葉を紡いでいく仕方に心動かされた。
一日が終わりに近付く一時の空の色は、単に太陽と月の交代の証にとどまることなく、野性のグラデーションのようでもある。既知から未知へ。明るさが絞られていき、暗闇が現れ始めると、高まる期待と同じくらい不安も膨らんでいく。ロマンティクでもあり、怖くもある。どちらでもない、あいだであることに何か重要な意味があるように思えた。ひとりの人間の中にも犬と狼は住んでいて、行ったり来たりして、曖昧なまま生きている。悠々と越境し、縛られることなく、自由でいたいと強く思う。



あいだにいるということは、昼だけのものでもないし、夜だけのものでもない、見せてもいいし、秘密にしておいてもいい。外へ着ていってもいいし、そのまま寝たっていい。どちらでもいいでしょ、私の好きに、の表明です。野性と手を繋いだまま、洗練も忘れないでいること。それは優柔不断な弱さの結果ではなく、常に心を開き、感じ考えて、一回一回選び取っていく、勇敢な態度の表れだとも思うのです。
3rdコレクションを特徴付ける細かなメッシュ生地は、貴重なシルク100%。儚く、柔らかで軽やかで、華美になりすぎません。肌を生に見せるより、メッシュを通すことで奥ゆかしさを感じさせる反面、かえって大胆にも見える。そんな両義性が魅力です。
メインに使用したのは、1stコレクションと同じシルク100%のサテン生地。肌の上を滑るような質感としっとりとした光沢が特徴で、新色のベージュは昼を、黄昏時のグレーに、黒は夜を思わせます。光によって見え方が変化し、ひとつの色の中にもグラデーションを見出すことが出来ます。
Mesh braは既出のTriangle braを元に、ポイントにメッシュを使用しました。着け心地はそのままに、気分は少しフェミニンになるかもしれません。Mesh pantyはローウエストで両サイドをメッシュに。大事なところは見えませんが、でもちょっとセクシーに。Mesh camiMesh slipは前後を深めのVカットに、それぞれ背中と裾にメッシュを使いました。一枚でジーンズに合わせて着るという、90年代のようなコーディネイトも想像しています。Mesh tankはなぜだかとにかく大好きなレーサーバック、背中は全面メッシュ。大粒のダイヤモンドより、シルクのメッシュをこんなにたくさん使ったタンクトップを贅沢だと感じます(ダイヤモンドも歓迎)。既出のT-back braTube braともぴったりです。そして、満を持してのY-back braは、グラマラスな方にもunefig.のブラのフリーな気持ちよさを体感して頂きたく開発しました。というわけで、Mesh braSMサイズ、他の新アイテムはSMLサイズ展開です。そして、人気のTriangle tankにはベージュとLサイズも加わります。

展示会では、サンプルをご覧頂き、3rdコレクションのご注文を承ります。既出コレクションの販売も致します。試着もお気軽にどうぞ。皆さまとお会い出来ますこと、心より楽しみにしています。



会場の室礼は花道家の上野雄次さんにお願いしました。
森に触れにいらしてください。

山本 千夏
unefig.(ユンヌフィグ)


2021.5.1

取扱店のご紹介/生活直売店


3月に参加した満月の生活直売店。
@omotonoseikatsu

omotoのアトリエで満月の日だけオープンするお店です。
omotoセレクト》のいつもある物と【月によって変わる出店者】のその月にしか出会えない物を取り揃えるのがコンセプト。

unefig.にとっては新しい出会いがたくさんあり、とても楽しく喜びにあふれた一日となりました。

ご好評を頂き、私が伺えない場合も、月に一度の生活直売店でお取り扱い頂くことになりました。

現在のところ、Triangle braT-back braTriangle tankType-u tankTube braBoxer shortsをお取り扱い頂いています。
在庫状況等につきましては、生活直売店のInstagram DM、もしくはウェブサイトからメールにてお問い合わせください。
http://www.nunototetsu.com

店主のomoto智子さんのお洋服ともぴったり!
omotoのお洋服もunefig.のランジェリーも違った視点で見ることが出来る、新鮮な発見、とても嬉しいです。

2021.4.21

3rdコレクション撮影


先日、3rdコレクションの撮影が無事終わりました。
素晴らしいプロの方々にお力をお借りして、本当に素敵な写真になりました。
なりました、といっても、自然になるわけもなく、私の抽象的なイメージや希望を汲み取り、私の想像よりずっと素晴らしいのものを作ってくださったこと、本当におかげさまで、感謝と喜びでいっぱいです。

ギャラリーをやっていた頃、何かテーマを投げて作り手に作って頂くと、毎回私の想像を軽々と超えたものを出してくださることに、いつも驚いて、作る人というのはすごいものだなぁと幾度となく感動しました。
誰かからの依頼によって何が始まる場合、プロフェッショナルであるということは、高い技術や感覚のよさだけでなく、相手が何を考え、求めているのかを聞き、想像して、それならこれがベストじゃないかな、と提示することだとあらためて感じました。
理解しようとする態度を、完成までの過程にも、完成したものにも感じたことは、私には大きな救いでした。
「最も高貴な娯楽は理解する喜びである」とダヴィンチが言ったらしい。さすが、いいこと言いますね。

撮影場所としてお借りしたのは、うちから徒歩数秒のes quart。隣の隣。
広々とした空間と選び抜かれたヴィンテージ家具、インテリアに関する品々がとても魅力的です。

今回、展示会は千束で開催予定することにしました。
うちのスペースですので広くはないですが、自由は効くので、森みたいにしたい!等と夢想中です。

お越しの際は、是非es quartへも!
http://esquartgalerie.com

DMが出来上がりましたら、またご案内させて頂きます。




2021.4.19

満月の生活直売店に参加しました


遅ればせんがら、omoto主催「満月の生活直売店」にお越しくださった皆さま、ありがとうございました!
素敵な方たち、美味しいもの、素敵なことでいっぱいの会場。
新しい出会い、とても嬉しかったです。

試着してくださった方たちが、こんなに気分が変わるものなのね!こんなに気持ちいいのね!とキラキラした顔で言ってくれて、大変なことも色々あるけれど、本当にやっていてよかったと思いました。

ちょっとしたことで気分は変わるものだから、少しずつの上機嫌の連鎖によって、毎日が楽しい方へ向かったら、unefig.がそんなお手伝いが出来たなら、すごく幸せだなぁと思います。

またどこかで皆さんとお会い出来ますように!



2021.4.5

「満月の生活直売店」へ出品のお知らせ


満月の生活直売店は、親愛なるomotoの康人さんと智子さんが月に一度、満月の日にだけ開くお店です。
その名の通り、omotoの厳しい目で選ばれた衣食住に必須の品々が並びます。
お声掛け頂いてから早数ヶ月、やっと参加出来ること、今から楽しみです。

omotoのお二人とは、気が付けばもう10年以上のお付き合い。
それぞれがそれぞれの道を歩んできて、すごく頻繁に会うわけではないのですが、お互いの仕事をちゃんと知っていて、会った時にはすぐにいつもの感じで楽しくなってしまう、本当に出会えてよかったと毎回実感します。

unefig.からは既出のコレクションを全部持って行きます!
ランジェリー等はご試着も可能ですし、気に入って頂けたら、その場でご購入頂けます。
私もまいりますので、ご質問等ございましたら、ご遠慮なくどうぞ!

満月の
生活直売店
いわき市平谷川瀬1-19-6
3/29(月)12-20
instagram: omotonoseikatsu


2021.3.26

透ける時にも


随分昔の話ですが、女友達に「知り合った頃、白いシャツの下に黒のブラを着けているのを見てびっくりしたー!」というようなことを言われ、「えー!私そんなことしてないよー!」と返したのですが、すっかり忘れていたけれど、友達の言う通りだったことを思い出しました。
年齢を重ねても、好きなコーディネイトってあまり変わらないものですね。
あっ、でも出掛ける時は前は閉めますよ!

そうそう、ブラではあるのですが、単純にトップスとのコーディネイトの一部だと考えています。
あえてだからね、ということを伝えるために、透けてもセクシーになりすぎない、シンプルで主張しすぎないデザインであること、安っぽく見えない上質な素材を使用することも大事だと思いました。
そして、もちろん着け心地のよさも忘れずに。
もっともっとカップのラインを削って、アンダーのゴムも細くして、そうしたら素敵だとは思いますが、そうすると、バストが落ち着かなかったり、ゴムの当たりが強くなって不快になったり、体に痕が付きやすくなったり….
一目見て嬉しくなることと機能性を諦めないことのバランスがとても難しい反面、ちょうどよい落とし所を見つけられた時の喜びもひとしおです。
そんなわけで出来上がったのが、Triangle bra


unefig.のLong pantsに合わせ、Tie scarfはサッシュベルトのようにして、コーディネイトしてみました。
お腹の部分を帯で巻くようにして覆うと露出度が少なくなり、チャレンジしやすくなるような気がします。
これにさっとGownを羽織れば、身軽な春の装いの完成です。(秋もいける!)

2021.3.10

Vネックの時には


Vネックのトップスが好きで、これまで色々なVネックを試してきました。
開きが深くなると、あえてではない感じでブラのラインが出てしまうことがあり、結構な深Vでもトップスの邪魔をしないブラがほしいと長年思ってきました。
そして、屈んだ時などに、不意にブラが見えたとしても、セクシーになりすぎないということも叶ったらどんなにいいだろうと。
とはいえ、セクシーさも忘れず、着け心地もよくて、単純に見た目にも喜びがあって、カップの形は出来るだけ削ってシンプルに、でもバストが不安定にならないように
パタンナーさんと一緒に何度もサンプルを作り、三角形のカップの形や位置を調整しては試着し、Vネックで何度屈んでみたことか。

そんなわけで出来上がったのが、Triangle braです

基本的には立体構造ではなく、少しのダーツで少しだけ立体感を出す程度に留めているので、私のような小胸の場合でもカップが余ってしまうことがなく、それなりに寄り添ってくれます。
グラマラスな方が着けると、三角形の両サイドから少しバストがはみ出ることもあり、素敵!と惚れ惚れ、羨ましくもあり!
着ける方によって、ブラの魅力が変化していくところも気に入っています。
何でもそれぞれの良さがあるものですよね。

余談ですが、このトップスはボティスーツ。
なぜだかわからないけれど、気が付いたらボティスーツ好きになっていました。
今は化繊が多いですが、これはヴィンテージで見つけたカットソー生地のシルク100%
unefig.で使用している生地はシルク100%の布帛なのでストレッチ性がほとんどないのですが、伸びない生地でどんなボディスーツが作れるのか、今後取り組んでみたいアイテムです。


2021.3.7

八角形と丸と銀


先日開催したopen studioではさる山から様々な古物も出品されました。
その中から2枚の八角形のお皿を入手。




Choker
のペンダントトップやTie scarfのシルクパーツと響き合って、かわいらしい。
どれも真円ではなくて、少しずつ個性的なところが、また何とも魅力的です。
ひとつひとつが手仕事や自然の力によって生まれたことが感じられ、愛おしくなります。




Choker
のコードの無駄を省いた潔さや銀色の渋い輝きともぴったり。
長く残されてきたものに触れると、まだ世の中にはこんなにも素晴らしいものがあったのか、と毎回心動かされます。
ひたすら主観によって好きなものを集めていくと、偶然の出会いも必然だったように感じたり、逆説的に自分のことを少し客観的に見られるような気がします。



2021.3.5